WordPressの複数インストール 1番簡単なの

1番簡単なやり方です。ヾ(。・ω・)

まずは、普通にWordpressをインストール。
次に、サブディレクトリを作成して、Wordpressをインストール。おしまい。

http://example.com
http://example.com/subwp

で運用できます。要はパスだけ変えて2回インストールしてね、ってことです。テーマやプラグインは別々になります。見栄えをそれぞれ変えらるのでイメチェンにいいです。

テクニカルな解説というほどではないですが、Wordpressを複数イントールしても、フォルダを掘れば、単純にUrlがかぶらないので、これだけで問題ないようですね。MYSQLのデータベースは分けましたよ。ユーザー名は一緒。

サブドメインでもいいのですが、一度やりましたが、あまり好きじゃないです。SEO系の人もサブディレクトリ推奨ですね。内部リンクになるとか。

スポンサーリンク

WordPressのマルチサイト化は断念 一元管理に対する期待はどこ?

もちろん、Wordpressのマルチサイト化は検討したのですが、結局、一元管理というのは、使いやすくなければ意味がない気がします。一元管理により、ユーザーは管理がスマートになることをおそらく最も期待しているわけですから。

それに対して、使いにくいというクチコミが多く。。カスタマイズ時の不具合も。危険な匂いがしたので、今回は使う前に断念。

追加で何かできるとかじゃないので、使いにくければ、リスクを取る意味はないのかなっと。使えないプラグインがあると残念ですしね。

一元管理の考え方はゲーム開発も一緒かな。

スポンサーリンク

マルチサイト化ののメリット・デメリット 覚書

マルチサイト化の方法は詳しいサイトがたくさんありますので、そちらをみてください。

WordPressのマルチサイト化。メリットとデメリットのみ覚書。

マルチサイト化のメリット

プラグインなどが共有できてメンテナンスが楽

マルチサイト化のデメリット

  • 導入時にちょっと面倒
  • 不具合が起こる可能性がある
  • 操作手順が増える
  • 1つのデータベースに複数のWPが混同
  • 使えないプラグインがある