lookitup2とは

lookitup2は検索ページを割り当てることができるソフトです。
辞書サイトを割り当てれば、素早くひくことができます。
lookitup2の特徴

  • カスタマイズがそこそこ柔軟
  • 誤作動はしないようだ
  • ワンキーでアクセスできる
  • 検索ページならどこでも割り当て可
  • 使い方も簡単
  • 無料

辞書がわりにGoogle imageなどの画像検索エンジンを割り当てれば、 Picture dictionaryがわりにも使えます。

スポンサーリンク

Greasemonkey + lookitup2の導入方法

Greasemonkey + lookitup2の導入方法は、
Web上の無料辞書を串刺し検索する
Greasemonkey入門 ~よくわかるグリースモンキーの使い方 ~
(スクリプトはlookitup2をインストールしてね)
あたりにわりと丁寧にかかれているので省略(^^;

スポンサーリンク

lookitup2の設定手順

lookitup2の設定手順としては
1、デフォルトで設定されている、いらん辞書は全部消す
2、新しい辞書を追加する
まず、辞書で適当な言葉で検索し、検索結果のUrlをみます。
そのUrlの検索語を[words]に置き換えます。
lookitup2の設定画面にある
LookUpIt settigにそのUrlを入力するだけです。
ロングマン英英辞典なら、
ttp://pewebdic2.cw.idm.fr/display/display.html?search_str=[words]
だが、単純に置き換えると、うまくいかないこともあります(^^;
Msn Encarta(英英辞典)場合、下記のように設定します。
ttp://encarta.msn.com/encnet/features/dictionary/
DictionaryResults.aspx?&search=[words]&sourceid=mozilla-search
ttpはhttpにしてください。
FireFox3にアップデートすると、ウィンドウ表示がおかしくなることがあります。
その場合、スクリプトだけ一度消して入れなおしてみましょう。
2008 修正