Visio2016発売日をまって、ダウンロード版を購入しました。
プレビュー版なら一足先に試せたようですが。

visioは様々なバージョンを使ってことはありますが、
私物はvisio2002からの乗り換えのため随分飛びましたね(^^;実に14年ぶり?ぐらい

かなりいい感じで満足感は高いです。
操作感は昔のvisioの方がよかったという2013のレビューがあり、若干心配したのですが、そんな評判は個人的には問題なし。小一時間ですべてやりたいことができて慣れました。

個人も法人もライセンスの譲渡もできるようですね。個人情報を消去の上、譲渡先に丸々アカウントを投げる形です。つける人はいないと思いますが、アカウントIDに自分の名前はつけるなってことですね。譲渡する可能性がある製品は、複数のアカウントで別々に管理した方がいいかもしれませんね。公式ストアのチャットで聞けばOKですよ。
Microsoft Onlinestore(マイクロソフト直販サイト)

visioを使う理由

主に用途はフローチャートです。
いきなりちょっとマニアックですが、visioを使う理由として

  • 矢印の間に書き込める(しかもコメントは位置の微調整が可)
  • コの字フローができる

基本的な機能だけどこの2つが大きいです。他のフローチャートソフトは意外とありません。
特に矢印の間に書けないから面倒

それに加えて

  • A4などの画像サイズ問わず、いくらでもキャンバスを広げられる(昔と違って印刷せずすべてデジタルで完結)。
  • グリットの表示および吸着
  • ステンシルの追加と削除(新規作成により作業の効率アップ)
  • 必要に応じて、見栄えもなかなかよいものが作れる
スポンサーリンク

Visioのサポート期間

コスパもわりといいと思っています。

  • エクセルや他のフローチャートソフトより慣れると圧倒的に早い!
  • 1回払い(月額は高くつく)

最近、月額のフローチャートソフトがいろいろでているため、一通り試しましたが、やっぱVisioでした。

visio pro for office 365は、microsoft Visio Professionalと一緒の機能のようですが、
個人的にはproの機能はいらないため、価格面では2年ぐらいでStandard版と同じになってしまいます。
最新バージョンにこだわらなければ10年ぐらい使えるかもしれません。

Office 製品を含むビジネスおよび開発用の製品に、製品発売日から最短でも 10 年間を標準としサポートを提供します。

sourse:https://www.microsoft.com/ja-jp/office/previous/2003/business/lifecycle.aspx

僕はゲーム屋のためフローチャートソフトって使う時期とまったく使わない時期があるのですよね。
月々の契約と解約は気にしない方がよいです。

そして、フローしか使わないため、Standardで十分でした。

アマゾンの方で、Officeのバージョンの不具合が報告されていますが、うちは2007のためか特に問題ありません。Microsoft Visio Standard 2016版はトライアル版(評価版)がないため、心配なら公式サイトなら無条件で返金が効くようです。

Microsoft Onlinestore(マイクロソフト直販サイト)