【jpegの圧縮率】圧縮保存はPhotoshopがおすすめなの?【jpegminiと画質比較/一括】

JPEGの圧縮率や圧縮ソフトの覚書です。

jpegの圧縮ソフト比較!jpegmini proの代替にPhotoshopCCがおすすめなの!?

JpegMiniを新PCに乗り換えなかった理由

長年JpegMiniの有料版にお世話になっていました。ドラック&ドロップで一括変換できるところがよかったです。

Macbook Proを買い替えたたタイミングでもろもろ引っ越しです。その際、jpegminiは辞めました。

動画圧縮に対応された点は少し興味深かったですが、Jpegmini Pro3を買いなおさなけばならなかったのです。

まあ、買い切りで値段も無難でよいソフトだとは思うのですが、JpegMiniを導入したのち、だいぶ経っているため改めて他の候補と比較してみました。

結論としては、すでに導入済みだったPhotoshop CCを使うことにしました。フォトプランを契約したため、もう少しフォトショさんに頑張ってもらおうかと!

JPEGmini LiteはCMYKはサポートされていない!?

過去の覚書です。

JPEGmini Liteでエラーがでます。

None of the photos could be optimized by JPEGmini

アプリではなく、オンライン版にもっていてもダメ。

ということは、この画像に原因があるのかな、と思ってPhotoshop開いてみます。

すぐさま、モードはどうなんだろう、と見てみると、CMYKになっているじゃないですか。これがあやしいでしょう!と、RGBになおしたら、jpgが変換できるようになりました。CMYKはサポートされていないようですね。

photoshopとjpeg miniの画質比較

たしかにそんな感じの結果でした。ただ、個人的に持っているのは最新のJpegMini Pro3ではないため、最新の状況はわからない部分はあります。暇があったら体験版を利用してみるかもです。ただフォトショップをやめるかというとフォトショップの圧縮がいい感じなのでよほどのことがないと乗り換えはなさそうです。

Photoshopの画質一括処理

一括処理はPhotoshopでバッチを作るのでいいんじゃないかなと!

Photoshopも7日間体験版がありますので、比較するとよいかもです。

フォトプラン

【jpegの圧縮率】圧縮保存はPhotoshopがおすすめなの?

Photoshop CS6とPhoshop CCのJpeg圧縮は違う!

Photoshop CS4やCS6時代は低解像度にすると画質が荒かった記憶がありますね。そのため、Photoshopで最高画質で保存したうえでJpegMiniを使っていました。

でも、2015年あたりにどうもAdobeさん作り直したっぽいのですよね。こちらにアピール記事がありまいた。

この設定が、「クイック書き出し」の設定に反映されます。今まで「Web用に保存」を開いて、逐次ウィンドウを開いて、保存ボタンを押す。。。というような作業は必要なくなりました。特に大きなポイントは、JPEG圧縮技術自体も向上し、JPEGの最高画質を選択した時、従来の「Web用に保存」と比較して、最終画像が半分のファイルサイズになる場合もあります。

https://blog.adobe.com/jp/publish/2015/07/03/photo-saveforweb

上記の言い回しは検証したところ微妙なところもありましたが、書き出し形式で書き出した場合、値を7から3ぐらいにしてもまあまあいい感じで書き出せました。容量はすごく減っています。

プログラミングサイドからも少し調べました。WebPは古いOSで非表示になるなど好きじゃないんですよね。だからPhotoshopのJpegでいいかなっと。

結果はWebPのファイルサイズがダントツで軽く、次いでPhotoshop、Guetzliという順位になりました。

https://qiita.com/miyanaga/items/edd874c7a0c3d964ea48

フォトショップはいろいろ便利すぎるので、個人的に外せませんね。

フォトプラン

Photoshop CCの「書き出し形式」と「コピーを保存」比較

開発の移行期間ということかもしれませんが、Photoshop CCって書き出し方法がたくさんあってちょっとごちゃついている気がします。

最高画質で書き出すとこんな感じです。従来のWebで保存が軽いという、微妙な結果になりました。

  • 書き出し形式(クリック書き出し) 最高の7で1129kb
  • コピーを保存(元、別名で保存) 最高の12で1184kb
  • Webで保存 100%で1124kb

画質はほぼ変わらない気がしましたが、ご自身の目で確認するのが1番でしょう。書き出し形式とクリック形式は最高画質も同じですし、同じものという気がしますね。

ただ、jpegを圧縮したい用途の場合はまず最高画質で書き出しません。Web用途なんかそうですね。後ほどどれだけ小さくなのか試します。

Photoshop CCとImageOptimの組み合わせでさらなる容量削減

その前にもうひとつ覚えておいた方がよいのはImageOptimです。

JpegMiniとImageOptimも必ず組み合わせて使う感じでしたが、Photoshop CCで容量削除したのちに、ImageOptimに入れるとさらなる容量削減が可能です。5%〜15%程度ですけど、かなり大きいと言えます。

ImageOptimは非常に簡単に使えるため、併用の苦がほぼありません。ドラック&ドロップするだけなので。

Photoshop CCの「書き出し形式」の1,3,7の画質と容量比較

では、テストです。

書き出し形式で画質を落として書き出した場合、画質があまり変わらず低容量が実現できている気がしました。

画質Photoshopの書き出し形式ImageOptimと併用
71129kb1103kb
3130kb122kb
165kb58kb
50%231kb222kb
30%148kb142kb

昔の%表示が良い場合は、次の方法で変更できます。SVGの書き出しも追加されます。

編集 > 環境設定 > 書き出し > 従来の書き出し形式を使用

余談ですが書き出し形式はSVGのエクスポートが廃止の方向です。残念です。現在はオプションで設定しないと使えません。

SVGもたまに使うかもなのとやっぱ100%がわかりやすいため、個人的に今のところ、従来の書き出し形式を使用にしています。

Web画像ファイルサイズの容量の目安

用途によりますが、いくつぐらいがいいかですが、次が参考になりますでしょうか。

たしかにWebはこのぐらいにしないと重たくなりがちですね。画像たくさん並べるとサーバーによって重たくなります。100kb~150kbぐらいですかね。

こちらの記事も参考にしました。

ありがとうございます。

フォトプラン

コメント

タイトルとURLをコピーしました